HOME > 光テレビシステム  

HOME

LAN

FTTH光ファイバー

Webカメラ

CATV

電話

テレビ受信用アンテナ

光テレビシステム

会社概要

社員募集

LINK

事務所

おまけ

おまけ2


光テレビシステム V-ONU....
 
一般戸建て住宅と違い 大規模なマンションなどは、簡単に改修をできるものでは有りませんから、かなり長期の未来予想されるシステムを 考え設計されます。

現在では、いうまでも無く地上波デジタルや BS CSなどのデジタル衛星放送を外して考えるわけにはいきません。FTTH光ファイバーのADSLとVDSLの違い ....でお話したように 長いメタル系ケーブルに 電波を流した場合、低い周波数より高い周波数に電波の損失が多くなっていきます。

ところが 大規模マンションは、縦に長い又は 横に長いなど ケーブルの長さは世帯数に比例して長くなるため、ケーブルの損失が無視できないものになります。

損失が大きいってことは、それを補うために 増幅器を多く使うことになります。
増幅器だって 電子機器である以上 内部損失や 入力信号より 出力信号のほうがひずみが多くなります。 つまり画質劣化が進むことになります。

この対処法として 光ケーブルが登場することになります。

写真は弊社で施工させていただきました 約700世帯の大型マンション光テレビシステムです。

テレビ光システム機器@



テレビ光システム機器A



光テレビシステム V-ONU(続き) ....



※左の写真 屋上に設置されたデゥアルビームアンテナ
  右の写真 アンテナの受信レベル測定

屋上に BS CSデュアルサテライトアンテナを設置。
このアンテナの信号を 7階から 1階の機器設置室まで、メタルケーブルで もって行きます。

次に地上波デジタル 地上波アナログ 近県デジタル放送を 光ケーブルにて 機器設置室まで引き込みます。 この光ケーブルにV-ONUを取り付けると アナログ信号に変換され、 これに屋上からのアンテナ信号を 混合します。

混合されたアナログ信号を 光信号発生器にて光化され 光増幅器によって 世帯数をカバーする増幅がされます。

増幅された光信号は 光分配器にて世帯数に分割され 各住戸まで 光ファイバーによって 送られます。

住戸内で再び V-ONUにより アナログ化され 各部屋のテレビ端子に接続される訳です。

このシステムの最大の利点は、1箇所の機器から 各部屋までが数キロ離れていても ケーブル内損失による画像劣化はありません。

またメタルケーブルは 外部電波をノイズとして 混入する可能性がありますが 光ファイバーなら ノイズも心配ありません。

今の高性能マンションなら インターネット設備も光ファイバーの場合が多く 同時工事によるコストダウンが可能です。